明興工業株式会社

SITEMAP

Language

lang1

lang2

メール問い合わせ

tel0766-53-1180

FAX

フッ素樹脂とは?

フッ素樹脂とは?

フッ素とは正式名称はポリテトラフルオロエチレン(Poly Tetra Fluoro Etylene)と呼ばれ頭文字をとって"PTFE"と呼ばれます。
PTFEは1938年に米国デュポン社のプランケット博士が 四フッ化エチレン(TFE)ガスの実験をしているときに偶然発見しました。
実験用の圧力容器に四フッ化エチレンガスを保存しており、圧力容器を使用する際にガスが出てこなかったので、容器を切断して中のガスの状況を調べたところ、容器の内側に白い粉が不着しており、これがPTFE(フッ素樹脂)だったのです。

フッ素樹脂原料は蛍石(ほたるいし)というめずらしい石からできています。蛍石は外観が七色のきれいな色で光るのでこのように呼ばれています。 この蛍石に硫酸を反応させるとふっ酸というものができます。 このフッ酸とクロロホルムを反応させた物質を熱分解するとPTFEの原料ができあがります。
フッ素樹脂は「熱に強い・薬品に強い・電気を通さない・くっつかない・滑りやすい」など強い特性を持つので、過酷な環境や特殊な分野など色々な形で使用されています。


さらに詳しくフッ素樹脂の特性や用途例をお知りになりたい方はこちら

フッ素樹脂の特性

フッ素樹脂の特性

フッ素樹脂分野別使用状況

フッ素樹脂分野別使用状況
半導体 半導体を製造する装置に使用される部品に使われます。薬品にさらされるところの部品に多く使用されます。
自動車 自動変速機・パワーステアリング機構の油圧シール用リング・アクセルケーブル・トレンクオープナーのケーブルとして使用される。
産業機械 摺動部品としての用途が多い。ベアリングパッドとしてビルの鉄骨が温度差で膨張収縮するのを吸収するためにも使用される。
化学工業 ガスケット・パッキン等のシール材・配管材料・タンク・ポンプ・流量計等のライニング品で使用される。
土木・建築 橋梁、海洋構造物などの重防食工事、タンク、鉄塔など耐候性上塗り塗料や保護コーティング材として使用される。
電気・電子 各種エレクトロニクス製品に被覆ケーブルなど色んな形で使用されている。
家電・一般 家電製品やOA機器のトナーを焼きつけるローラへの応用や、各種事務機器の摺動部品などに使用されている。

PTFE最終製品の取扱い上の注意

  • 使用温度260℃以下で取扱う限り、特に問題はありません。
  • 使用中で食品と接触する場合があっても、食品安全衛生法の基準を満足していますので、特に問題はありません。
  • 代表的なフッ素樹脂は、化学的に安全に近い不活性物質です。フッ素樹脂加工品の一部を誤って飲み込んでしまったとしても、消化されずに排出されます。
    体内で分解したり、化学反応により有害な物質を生成することはありません。
  • 廃棄する場合は「廃棄物の処理および清掃に関する法律」に従って処理を行い、焼却は絶対にしないでください。

熱分解生成物について

  • もっとも多く使用されているPTFEは、260℃を超えて加熱すると、他のプラスチック同様に、有害な分解生成物が発生します。
  • 上記の温度以上になる可能性がある場合、換気に注意願います。
  • 高温でのフッ素樹脂製品の製造・加工の作業時には、原則、排気装置で換気することや、作業者の送気マスクの着用などの注意が必要です。